×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「狼男?」
 素っ頓狂な声があがった。
「そう、狼男」
 面白そうに男が言う。
「事件があったのって、全部満月の夜だろ?被害者の素性も、女の人だってことを除けば住んでる所も年齢も、 みんなバラバラでさ」
「だから、通り魔事件の犯人が狼男だって?」
 頷く男に、女がふんと鼻を鳴らす。
「馬鹿みたい。この文明社会に、狼男だなんてそんなのいる訳ないじゃない」
 言い捨てて、女は席を立った。
「バイトあるから、そろそろ行くわ」
「ちょ、ちょっと待ってくれ。そう急ぐなよ」
「…だから、これからバイトなんだってば」
「ああ、わかった。わかってるから、少しだけ待ってくれ」
 男が女を追いかけながら、自分の懐をあさる。
「この前、映画のチケット貰ってさ。よかったら一緒に見に行かないか?」
 男が差し出した二枚のチケット。
 ちらりと見て、女が横に首を振る。
「ごめん。その日は先約あるんだ。バイト先の先輩と遊園地、行くことになってて」
「………そっか」
「うん、そうなの。ごめんね。誰か他の人誘って?」
 それじゃあ、と手を振って、今度こそ女はその場から去っていった。



 駅近くの繁華街と違って、住宅街の夜は静かだ。建ち並ぶ家の窓からは人々が送る営みの明かりが漏れ出で、 街灯も整備されているこの道でも、ふとした瞬間どきりとしてしまう暗がりがある。まっすぐ前をにらむように見ながら、 女は足を速めた。いつもならまったく気にならない夜道が、なんだか気になって仕方ない。通り魔事件の話なんてしたからだろうか。 奇しくも、今日は綺麗な満月の夜だった。
「狼男っていうのは」
 暗闇から声がする。
「なにも、狼の姿に変身する人間だけを指す訳じゃないんだ」
 コツ、コツ、と響く靴音。
「月には人の心を狂わせる力がある。特に、満月の日の影響力は大きい。魔力と言ってもいいかもしれない。 そんな月の魔力に魅せられて、凶暴な衝動に身を焼かれる人間。それだって、立派な狼男だ」
「あんた…何言ってるの?」
 つい数時間前に別れたとき、そのままの格好。よく見知った姿形で、しかし見たことのない笑みを浮かべて、男はそこにいた。
「月は恋をしているんだ。生まれてからずっと、もう何百年、何千年も。それは、狂おしいほどの恋心だ」
 男が一歩歩み寄る。
 女は、じりっと一歩後退した。
「けれど月の思いは届かない。見向きすらされず、思いを募らせるばかり」
「なんなのよ…ちょっと、意味わかんないってば…」
「こっちを見て。どこにも行かないで。ずっと傍にいて」
 抱き締めようとするように、男が両の腕を広げる。
「太陽のようにまぶしくて、つれない人。心から君が好きだよ。誰にも渡したくない」
 何かがおかしい。
 男のただならぬ様子に恐ろしくなった女が踵を返す。男に背を向け走り出した。あそこの角を曲がれば大通りに出る。 そこまで行けば、誰かがいるはずだ。もしもの時に助けを求めることもできるだろう。そう考えた、その時。
「………」
 真っ赤な花が、咲いていた。
 買ったばかりの生成り色のブラウス。その腹の辺りが深紅に染まっている。
「どうして…?」
 がくりと、崩れ落ちる女の体を男が抱きとめる。赤が自分の体に移るのも構わずに、強く女を胸に抱く。白い女の顔に うっとりと頬ずりする男の顔は、ひどく幸せそうに微笑んで。



 ざあっと強く風が吹いた。
 雲が流れ、煌々と輝く満月を覆い隠す。
「………なんで、だろうな………」
 既に冷たい女の体を腕に抱き、男が笑いながら、泣いていた。
 月と星の明かりは雲に遮られて、人の手で生み出された光だけが男を照らすその中で、 先ほどまでの異様な気配はそこにはなく。
「なんでこんなことになっちまたんだろう………?」



 翌日、住宅街の一角で女の刺殺体が発見される。満月の夜に犯行が行われるというその手口から、一連の通り魔によるものとして 警察は捜査を続けている。
 また同日、都内の某アパートにて男が首を吊り、死んでいるのが見つかった。男の部屋に遺書はなく、代わりに、 大量の血液が付着した包丁がゴミ箱に捨てられていた。そのため、男が何らかの犯罪行為に関わっている可能性があるとの 見解を示している。






index